スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
50度のお湯があふれる温泉
DSC02951.jpg
疲れ切った時に来る温泉
もう10年以上になる
我が家から、30分
入浴料は500円
湯船から、湯は惜しげもなく溢れる
夏の露天風呂に、蛍が、谷間を、途切れ途切れの、光の糸を引く
今夜の外は、マイナス3度
お客様は、いつもの常連
ここは川浦、白龍閣
スポンサーサイト
【2012/02/28 22:13】 | 未分類
またまた鉄くずの処理
3月3日の花桃園OPENに向かって
周囲ガラクタの整理をする
なにしろ、鉄がキロ26円だ
犬のえさの缶、古い針金
トタン板、壊れたリヤカー
タイヤのない一輪車等々
今日は5000円になった
綺麗になったうえに、お小遣いだ。
会計士から、消費税を今月中に納めるよう電話があった。
10パーセントになったら、どうするのだろう。
明るい気持ちが、急に暗くなった。
【2012/02/27 23:17】 | 未分類
カガミッチョ
山梨の方言について、娘と話す
カガミッチョとは、トカゲのこと
クリムシジンジイは、大きな蛾
代表的な、はんでめためた、ごっちょでごいす。
それから、私の少年時代の話になる
学校帰りに、ひばりの巣を探しに、麦畑を踏み荒らして、怒られる
河原をせき止め、はやを取る。仲間の共同作業だ
今は、ラズベリーという、野イチゴをとりあるき、母親にせがんで、ジャムづくり
夏休み、森の中に、枝を集めて、小屋を作り、仲間と、宿題をやる
いつも仲間がいて、野外で、ワイルドだ
現代っ子は、ゲームに、パソコン、携帯、テレビ、
大勢のようで、いつも一人だ。
杉本真人の歌、遠き昭和のまぶしい時代、遠き昭和の灯りが恋し。
花咲じじいの、嘆き節。
【2012/02/26 21:09】 | 未分類
水、緩む。鴨泳ぐ。
DSC02946.jpg
雨上がりの御手洗川を、鴨がえさをついばむ。
暖かい。ついこの間までの寒さが、うそのようだ
3月3日の花桃園OPENに備えて忙しい。
デザイナーとの、ポスターの打ち合わせが終わった。
入園チケットも出来た。
今年初めて、古代桃を、販売する。
花束作りは、授産施設が受け持ってくれる。
花桃ジャムのラベルは、デザイナーの受け持ちだ。
お茶の詰め合わせも、授産園が、終了してくれた。
あとは、上海から、お茶を入れるガラスの器が、届くのを待っている。
【2012/02/25 21:48】 | 未分類
桃を食う猿
DSC02878.jpg
李朝期の孫悟空
お社の中で、人々の不老長寿を願う
花桃園に来られた方は、まずここへお参りします
そして、前にある賽銭箱に、チャリンと入れます
この志は、花桃園で働いている知的障害者の団体に寄付されます
これで貴方の多壽、多福、長寿は、約束されます
安いもんです
信ずる、信じないは、あなたの勝手です
確かなことは、弱者への、あなたの思いやりが、具体化されたことです
【2012/02/24 22:25】 | 未分類
梅と桃の蕾
DSC02931.jpg[庭の梅 見えるかな?]
庭の梅の蕾に、雨の雫が、
今年の寒さで、なかなか咲かない。

DSC02942.jpg[古代桃 もう直ぐ咲くかな?]
花桃園の古代桃
かわいい蕾が、今にも開きそう
去年は、雪の中で、満開になりました
古代桃の種は、弥生時代の遺跡から、発見されるそうです
邪気を祓うために使われたようです
【2012/02/23 20:02】 | 未分類
針金が1500円
DSC02925.jpg
3月3日に花桃園OPEN
周囲をきれいにしておこう。
昔、葡萄園をつぶした時の、針金
軽トラに載せるが、写真のように折れ曲がっていて
大した量が積めない。
4、5回に分けて運ぶつもりで、廃品回収業者に持っていく
なんとお金をくれる。1500円だ。
鉄が値上がりしているのだそうだ
次は、針金だけじゃなく、トタン板も持っていこう
一万円ぐらいになるかもしれない。
周囲の清掃に、熱がこもる。
【2012/02/22 22:12】 | 未分類
i phoneは皆のもの
DSC02900.jpg
写真は上海の下町
食堂のおばちゃん iphoneだ
友人の仕事、netで販売
社員も皆、iphone
私、携帯、出しにくい
パソコンで、私のホームページ紹介
思ったとおり、ブログは見れない
【2012/02/21 19:54】 | 未分類
骸骨
DSC02917.jpg
上海で遊んでいたおかげで、仕事がたまった。
中学校へ、仕事に行く
窓際に、春の日差しを浴びて、骸骨
保健室の、人体図だ
そばを通る
骸骨の左手と、左足が、 すーと、 前に出た
【2012/02/21 13:06】 | 未分類
上海の食事
DSC02898.jpg
食べることに一生懸命で、写真撮るの忘れた
食べかけですいません
どれもこれもすべて美味しかった。
紹興酒が美味かった
久しぶりに飲んだ
酔っぱらった。 すいません

DSC02893.jpg
【2012/02/20 21:40】 | 未分類
揚子江の水位は高い
DSC02889.jpg
上海の友達の桃畑
剪定の手伝い
何とも水位が高い
少し掘れば、水が湧き出る
桃を植えるのに、土を盛って植える
これでおいしい桃がとれるのかしら
それでも、ここは、日本の桃の故郷
上海水密から、生まれた
とにかく泥だらけだ。 参った
【2012/02/19 16:36】 | 未分類
好久不見 上海見聞録
DSC02902.jpg
桃の花見の時に、お客様に差し上げる、お茶を探しに
地元の人が買うところは、安い
いろいろのお茶を入れて、実験
きれいでおいしいお茶が、買えました
とにかく今日は、お疲れです
2時間ほど前に帰ったばかりです。
【2012/02/18 19:31】 | 未分類
師、曰く
DSC02827.jpg
恩師、我らに講義す。
これからの人生、100年なり。明るく爽やかに生きよ。
若さの秘訣は、目標を持って、行うに有り。
「必ず変わる
 三日でも変わる
 三年たてば、見違えるほど変わる
 信じて発奮すれば 必ず変わる」

日野原重明氏 曰く
創めることを忘れなければ、人は老いない
もう若くないと 言い訳をしないで
新しいことを始めてみましょう


明日、上海、18日夜、帰国のブログで、お会いしましょう
【2012/02/14 21:40】 | 未分類
石橋のつぶやき
DSC02830.jpg
わしは小川に架かる橋じゃった。
百姓が、だらを担いで、用心深く通った
だらとは、人糞のこった。
わしの体には、滑り止めの溝が掘ってあるじゃ。
小学校の餓鬼どもが、カミズ食い食い、渡ったじゃ。
夏には、俺の下で、餓鬼どもが泳いだ。
今じゃ、立派なコンクリートの側溝ができ、立派な広い橋も出来た。
立派になりすぎて、蛍も、メダカもいやしねえ。
俺も用無しになって、裏庭の飛び石だ。
【2012/02/13 19:20】 | 未分類
三分一湧水を囲む山々
DSC02859.jpg
八ヶ岳

DSC02872.jpg
夕暮れの甲斐駒ケ岳

DSC02869.jpg
長坂から見る富士山
【2012/02/12 21:53】 | 未分類
たんぽぽ
DSC02854.jpg
タンポポが、この寒さの中、咲いている
春はすぐそこだ
日本古来のタンポポ
西洋タンポポは、まだ咲かない
茎が長いのが特徴だ
春は巡る。新旧の交代が激しい
また葬式だ。この地域は年寄りが多い
【2012/02/12 09:01】 | 未分類
我が町の誇り、金重大明神
DSC02858.jpg
江戸中期、寛政の大飢饉あり
領主、田安家の年貢取りたて厳し、
56ヶ村を代表して、金子重右衛門等、直訴す。
直訴は斬首、
重右衛門らの首、日川の河原に晒す.日川は、我が家の裏の川
世にいう、太升事件
その後、領主替わり、善政を行う。
甲州八珍果も生まれる。
住民、金重大明神を、建立す。

石碑を見ていると、お年寄りが通る
聞くと、重右衛門の子孫
おばあちゃんの孫は、わが娘と、同級生
過去、現在、未来へと、つながっていく気がする。
【2012/02/11 22:03】 | 未分類
我が家の戦闘機 SS-500
DSC02850.jpg
風もなく、絶好の消毒日和
メガネをかけ、ガスマスク、そして、飛行服
500リットルの液を積んで
いざ出発
今日の敵は、サンホーゼ
木に隙間なく、纏わりついて、樹液を吸い、ついには枯らしてしまう
こいつをやっつけるには、薄めたオイルで虫を覆い、呼吸困難にしてしまうのだ
断っておくが、この消毒は、人体には無害だ、ご安心を。
プロペラを、勢いよく回して、消毒液を霧状にして、下から吹き上げる
1000リットル撒いたところで、戦闘機は引き上げる。
風に弱いのだ。又次回、残りの1500リットルを撒こう。
【2012/02/10 19:26】 | 未分類
ほうれん草は食べ時
DSC02846.jpg
野菜の師匠に行き会う
ほうれん草食ったか?
いいや、まだだ、小さいじゃん
今が一番うまいんだ
この寒さで凍らないように、葉っぱに糖分を一番ため込むんだ
糖分? そうか、不凍液の原理だ
そんなに、一生懸命生きてるほうれん草を、
俺が根こそぎ、食うんだ。
だけど、食欲には、勝てない
【2012/02/09 16:56】 | 未分類
やっぱり、あった。ふきのとう
DSC02843.jpg
雨上がりの、ぽかぽか陽気
ひょっとすると、有るかもしれない
裏の竹やぶに入り、じっと目を凝らす
あった。
人知れず、春はもう来ていた。
桃の花が咲くのも、もうすぐだ。
DSC02840.jpg
裏の竹やぶ、竹の子も、食べきれないほど出ます
【2012/02/08 20:14】 | 未分類
トイレの水の張り具合
一日中雨
家にこもりきり
話題も、内面的
友達のトイレ、外国製
便座に何の装置もない
便器の水位が程よく高い
これが真に好いのだ
高齢者が小便しても、切れが悪くても、水の音で、まだ出ていることを、知らされるのだ。
大便に至っては、うまい具合に水没し、周りを汚さないのだ
どうも、湿っぽい、話題だ。
【2012/02/07 20:12】 | 未分類
滅びゆく農業
農業用機械をくれるという
ご主人が亡くなって、規模を縮小する
子供さんは、他で生計を立てている
古い機械、使いそうも無い物を貰う
奥さん、これはまだ使うんじゃないですか?
いいえ、いいんです、
これを使わなきゃならないときは、
私、農業を辞めます。
どこかで諦めなくては、
俺、これ預かっていきます
使うときは、いつでも持ってきます
奥さんは、この農業で、3人の子供を、国立大学を、卒業させ、世に送り出している。
【2012/02/06 21:28】 | 未分類
河川清掃
DSC02809.jpg
御手洗川
子供の頃よく泳いだ.裸足で河原を遊びまわった。
砂もぐり、ほうてく、清流に住む魚がいっぱいいた
一面白い砂で、葦など一本も生えていなかった
私たちは、いつまでこんなことを続けるのだろうか
ひたすらお金を求めて。世の中の終わりが、こんなに見えているのに。
DSC02816.jpg
葦が焼き払われた後を、さ迷うキジ。
見えるかな
【2012/02/05 20:43】 | 未分類
娘、日本を去る
娘と神社に行く、行く手の平穏無事を祈る
墓参りをする。ご先祖に、挨拶をする。
娘に覚悟を聞く。
大丈夫だ。この子は、自分の目指す道を、切り開いていくだろう。
行く末に、幸多かれ。
【2012/02/04 20:30】 | 未分類
神社で豆まき
DSC02801.jpg
私は氏子総代、
生まれて初めて、神殿から豆まきをしました。お相撲さんに雑じって、
撒かれるお菓子を求める群衆、
その凄まじさに、最初はびっくり
縁起を求める人達の、その素直さに、次第に微笑む
DSC02807.jpg
豆まきの升、今年はきっといい年になる
その日の夕方、買い物に行って、車のエンジンがかからない。
2時間も、寒い中、修理屋を待つ。
新しいバッテリーに変えてもらう
福をみんなに、撒いてしまったのだろうか。
【2012/02/04 10:02】 | 未分類
いつ暖かくなるのだ
DSC02776.jpg
東北、北陸は雪。山梨はむやみに寒さが続く。
息つく暇もない寒さ。いつまで続く。
消毒も出来はしない。機械が凍ってしまう。
せめて家の中に春を。
床の間に、桃の節句を。立雛の雛祭り
平安時代の、上巳の節句
ひとがたに、厄を背負わせて、流し雛
桃の花を飾って、繁栄を祈る。
【2012/02/02 21:48】 | 未分類
不思議なご縁
娘から、デパートの本屋で待ち合わせの連絡
デパートの駐車場に車を置く
入り口で同年配の紳士が、ドアーを開けて待っていてくれた。
すいません。どうぞ、寒いですね。
6回の本屋に急ぐ。
エスカレータに乗ると先ほどの紳士だ。
先ほどはどうも。
紳士も6回の本屋で降りる。
娘を探したがいない。
まだ来ていないようだ。トイレへ行きたい
男子トイレを探して、朝顔の前に立つ。
隣を見てびっくり。先ほどの紳士だ。やあああ
娘と会って、地下の食品売り場へ行く。
レジに並ぶ。隣のレジに、あの人だ。清算して、エスカレーターに向かう。
また向かい側から、よくお会いしますね。またいつかお会いしましょう。お元気で。
笑って、別れる。変な気持ちだ。もしかしたら、異母兄弟かも。
【2012/02/01 22:04】 | 未分類
山梨・一宮発 花咲かジジイの花桃日記


『花桃』に人生を懸けた、花咲かジジイの花桃作り日記です。山梨・一宮で日本一の花桃園を作っております。

訪問者数

プロフィール

花咲かジジイ

Author:花咲かジジイ
生涯現役の園主です。
花の咲き具合など更新していきます。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

twitter

Twitter Buttons

ブログランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング

くつろぐ

ブログランキング【くつろぐ】

小鳥たちが飛び回る(Twitter連携可能)ブログパーツ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。